火災保険・地震保険の比較・無料一括見積もりは【KURABEL(クラベル)】

無料一括
見積もりはこちら!

1.補償対象・補償範囲


 建物の補償はどの災害を補償するのか、家財についても補償の対象に含めるのかを検討します。補償の対象が大きくなればなるほど、保険料は高くなってしまうため、優先度を決めての検討が必要です。

2.補償金額


 建物の補償金額は、現在の建物の価格を基準に上下30%前後で調整の上、設定することができます。 家財の補償金額の設定は自由ですが、補償額に応じて保険料は高くなるので、何かが起こったときにどの程度のお金が必要なのかを見極めることが大切です。

3.保険期間


 火災保険の期間は1年から10年まで設定が可能です。長期契約で一括払いをすることにより安くできるのが一般的です。 一度のまとまった支払いは必須ですが、長い目で見て無理のない保険期間を設定することが大事です。

4.地震保険をセットするか


 火災保険では地震からの火災、津波などの損害は対象外です。地震保険は火災保険と一緒に契約する必要があります。 地震保険についても1年から5年までの保険期間を設定できますので、土地柄や自身の考え方で設定するかどうかを決めましょう。

 火災保険の補償内容は多岐に渡り、補償を厚くすればその分保険料も高くなります。 しかし逆に、保険料の安さばかりを気にしてしまったことにより、補償されていない災害にあい、保険金が受け取れないケースもございます。「おうちのほけん」なら、あなたに本当に合った補償内容を、プロに相談しながら決める事ができます。

今の保険を見直したい

 不要な補償や特約がついているために保険料が高いなど、見直すことで保険料が安くなることが多くあります。 現在ご加入中の火災保険の契約期間が終了する場合にも対応しています。

新居用の火災保険に入りたい

 物件購入時に紹介される火災保険は複数社からの厳選した提案であることは多くないです。そのため、比較してみると安くなることが多くあります。 提案されないことがあるので、そういった新規の見積もりも取ることができます。

地震保険に入りたい

 今の保険に地震保険がついているかどうか、認識していますか?理解して入っていない場合とそうではない場合があると思います。 地域的に必要であったり、物件的に手厚く必要であったりなど、是非お申し込みください。