あなただけのオーダーメイド保険を。保険見直しラボ
お電話でのご予約は 0120-222-785 【受付時間】平日 10:00~18:00
無料相談のお申込み

保険に関する知って得する情報をラボン博士が図を使ってわかりやすく解説します。わからないことがあれば、保険相談の際にコンサルタントにお気軽に聞いてください。

万一の備え編

万一のことがあったときのために備えがどれだけ必要か?を、ラボン博士がわかりやすく図を使って説明します。

あまり考えたくないけど、、、主人に万一のことがあったとしたら、生活費とかどのくらいのお金を用意しておけばいいのかしら?

家族を大切に思えばこそ、考えるべきなんじゃぞ?ご主人が亡くなってしまった後も残された家族の生活は続いていくんじゃ。この場合、一般的には、今までの生活費の70%がかかるといわれておる。実際計算してみるのじゃ。

ラボン博士

うちの場合だと、大体1か月の生活費が30万円で、子供の年齢が5歳だから、、、。

うひゃ~っ!生活費だけでも4284万円は必要だわ。でも、これって子供が独立するまでの生活費よね?

その通りじゃ!子供が独立した後も残された配偶者の生活費が継ぐくのじゃ。それだけじゃないんじゃぞ。葬祭費用、子供の教育資金、車のローンや車検代など、生活費以外にまとまった資金が必要になることがあるんじゃ。

ラボン博士

いったいいくらあれば足りるのかしら。なんとなく聞いてるだけでも保険にたくさん入らなくちゃいけないって気がするわ。でも大きい保障になれば保険料も高くなってしまうわよね・・・。

ちょっと待つんじゃ!!その前に遺族年金がいくら受け取れるのか確認して、本当に足りない保障を準備すればいいんじゃ!

ラボン博士

そうなのね!でも、遺族年金の目安がわかっても、生活費以外にかかってくる費用について、自分たちだけじゃ何にどれくらいかかるか判断しずらいわ・・・。

それなら、保険見直しラボに相談じゃ! 保険業界歴12.1年のベテランのコンサルタントが、家庭ごとに違うライフプランにあわせて、ピッタリの保険をオーダーメイド!

ラボン博士

保険相談+面談後アンケート回答で
もれなくプレゼント